スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Kagami Kohime的Syntheに思うことなど


参考:Synthe公式サイト

実は私、これまでSecond Life以外の仮想空間サービスというものは全然試したことがなかったりします。
これまであったものは、自由度が感じられず、自分たちで楽しみを作り上げていく要素が欠けていると感じていたからです。

今回登場したSyntheは、アバターを作成でき、スクリプトを使用してゲームなどを作成できるという点が気になりました。
また、アバターも5頭身アバターとねんどろいど(2頭身)アバターがなかなか可愛らしいのも注目です。

このSynthe、5/16、17日に期間限定公開が行われました。
たった2日間の公開だったにもかかわらず、アップロードされたアバターパーツ数はなんと1600以上。
これは驚きました。

また、広場ではたくさんのアバターがチャットを楽しんでいました。
自分のアバターを披露していたり、記念撮影していたり、アバター制作談議や、今後どういった機能がほしいのかなど、みんながわくわくして楽しんでいる様子をうかがうことができて、私自身もとても楽しかったです。
Second Lifeやai @spaceなどから偵察(?)に来ている人も結構いましたね。

なお、次回のSyntheワールド公開は、夏前に行う予定だとか。
公式ページやブログなどをチェックしておくといいと思います。

※アバター作成ツール、ゲーム作成ツールは引き続き利用可能です

5/16、17の様子を撮ったスナップショットです。
それなりにコメントを付けているので、気になったスナップの上にマウスを移動してみてください。
クリックすると拡大したスナップショットのあるページが開きます。

この下には気になったものなどまとめつついろいろ書いてみようと思います。


こんな感じで、5頭身アバターもねんどろいどアバターもなかなかカワイイ。

また、いろいろなゼスチャーが登録されているので、みんなで遊ぶのも楽しいかも。

 


表情は8種類で、テクスチャ切り替えで実現しています。

自分でテクスチャを変更できるので、表情を変えたりすることも可能です。

 


キャラデータが読み込まれていない場合は、このように「?」表示になっています。
自分で右クリック>読み込みをしない限り、ずっとこのままです。

わざわざ読み込むことのないデータをそのままにすることで、負荷軽減を図れていると思います。
でも、ひょっとしたら面白いアバターかもしれないので、見ちゃいますけどね(笑)。

 


バトさんと会えました。
いろいろおしゃべりを。

 

可能性をいろいろ感じさせるものでしたが、とりあえず公開されたという感じもありましたねぇ。
今後こんなことができればというのをまとめることにしました。単に運営へ要望を出すためのメモという話も(爆)。

 

・フレンド機能
オンライン状態を調べたり、メッセージが送れるようなフレンド機能がほしいです。

 

・チャット機能の充実
今のところ、一定範囲内の人と話すチャットしかないのですが、何人かでのチャットルームや、1対1でできるチャットなどもほしいです。

 

・ログ保存機能
チャットの内容などをログに残せるようにしてほしいです。

 

・音の要素
今回は音楽などが何もない状態でしたが、BGMやサウンド要素もほしいです。
もし、ユーザが自由にサウンドを上げることができれば、モーションへの使用なども可能だと思います。

 

・モーションも作製可能にしてほしい
今のところ、デフォルトで存在するモーションのみ選択可能ですが、なにかアニメーションのツールなどで自作のモーションも作れるといいと思います。

 

・「?」となっているアバターのデータ読み込みについて
一人ずつ右クリック>読み込みという手法も残しつつ、自動で近い人から読み込んでいく、一括読み込みを行うボタンを用意するなどの手法も用意してほしいです。

 

・アバター作成の敷居がちょっと高い
表情やテクスチャ作成のためには、グラフィックツールの技能が必要ですし、形状作成のためには3Dツールの技術が必要になります。
アバターツールにて、単純に色の変更や、体型の変更ぐらいの機能があると、より楽しめると思います。

 

・アバターパーツの腕と手を分ける
現在、腕で一つのパーツになっていますが、何かを持たせたパーツを作りたい場合は、服のそでの部分も変わってしまいます。
そのため、腕と手(拳)の部分を分けることで、服装はそのままで何かを持たせることができるようになると思います。

 

・3D世界内でできるゲームシステムの構築
スクリプトでゲームを作成できますが、これは別画面が開いてゲームを行うものでした。
これだと、3D世界のほうはロビー的な扱いになってしまい、せっかくの空間がもったいない気がしました。
なにか3D空間のほうでも使える遊び方があるといいと思います。

 

・3D空間でのものづくりを可能にする
Second Lifeほどの自由度を持たせるのは大変だと思うので、基本パーツを決め、それを組み合わせることで建物などを作成できるようになるといいと思います。
基本パーツを決めておくことで、負荷軽減にもつながると思います。

 

・自分の土地を持たせる
上記のものづくりを行うために、ユーザ単位で土地を使えるようにしてほしいです。
もし、音楽の設定などもできれば、その空間内でコンサートやイベントを行えるかもしれません。

結構な量になったな@@

でも、期待してなかったらわざわざ書かないからなぁ。
期待の表れってことにしておこう。

スポンサーサイト

タグ : セカンドライフ SecondLife Second Life

コメント

No title

SS撮られてたのね!

No title

激写です(笑)。
バトさんももりもり要望事項をあげちゃうのだ!
「くるまをつくれるようにしてください」
「れーすをしたいです」
「でもらぐ(ry」
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

FC2カウンター
プロフィール

Kagami Kohime Kagamin_Super

Author:Kagami Kohime

Second Life内では身長140cmのチビッコ。
最近みんなからは「かがみん」と呼ばれています。

これまで獲得した称号
「イベント王女」「誤爆女王」


Kagami Kohime Original Brand Shop「KagamiN-YA」もよろしくお願いします。

↓お店の位置はこちら
★音の森店

Second Life Marketplaceでのオンラインショッピングはこちらです

管理用リンク

最近の記事+コメント
最近のトラックバック
ブログ内検索
カレンダー(月別)
09 ≪│2017/10│≫ 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
カテゴリー
RSSフィード
QRコード
QRコード
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

お遊び系のブログパーツ
★このFacebookプロフィール貼っておけば、毎回中の人男で・・・とか説明しなくて良いでしょうか・・・?
Katsumi Kenichi

バナーを作成

★ニコ動にアップした動画など


★ブログに妖精が・・・住み着いたようです・・・


★これまで入れたどのブログパーツよりも人気あるな、これ・・・


★XBox360好きなのですよ~。


★Second Lifeを起動していても、まだPCには余力があったりします。その余力をBOINCを使って社会貢献に役立ててみませんか?
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。