スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Lumino-scope in BareRose Liveに行ってきました & Second Lifeにおけるライブ告知の難しさ?


参考:4周年イベント2日のご案内(後)

8/23 15時から、WhiteWolf 特設ステージで行われた「Lumino-scope in BareRose Live」に行ってきました。

20090823_005
開場前に現れたBareRoseの偉い人Juneさんと。

「4周年おめでとうございます!100周年まであとたった96年ですね!」と言ったら軽くあしらわれました(爆)。

 

20090823_001
20090823_002
20090823_003
20090823_004
地上から階段を使って海の中に入っていきます。

私が行けなかったルミノスコープライブの時に海底ステージを使ったときがあったと思いますが、それとはまた違うのかな?

水中であることと、光を有効に使ったステージ構成になっていて綺麗でしたね。
SSを撮るために、落ちることを覚悟で表示設定を高くしていました(笑)。

 

20090823_006
20090823_007
20090823_008
20090823_009
20090823_010
徐々に人もたくさん集まりだし、いざステージが始まる!
・・・と言うときにまさかのSIM落ち(爆)。

終わったときに、メンバーだったりスタッフさんだったりが「色々不手際で申し訳ありません」と言っていたのですが、SIM落ちに関しては別に不手際によるものではないので、仕方がないでしょう。
それでステージ開始が遅れてしまうのも仕方がないことと納得していると思います。

むしろ、それに対して「何時から再開できる」「こういう原因で開始が遅れる」と言った対応をしっかりしたスタッフさん、そして裏で色々対応をしていたと思われるJuneさんの応対はうまくいっていたと思っているぐらいです。

トラブル対応や復旧に一生懸命になってしまい、観客への対応が全く無視されてしまうようなイベントもありますからね・・・

 

20090823_011
20090823_012
20090823_013
45分遅れとなりましたが、ステージが始まってしまえば、みんなで盛り上がって楽しめるのです。

Song List:
Opening.opalescence
1. Forest in Abyss
2. Beyond the all
3. sing with you
4. Intense
5. Mirror
6. It shall be the way
Special.Happy birthday to you

私も慣れない英語で頑張って声援を送りました。 <「Applause」と「Yeah!」ぐらいしか言ってなかった気が@@

 

20090823_017
20090823_018
20090823_019
20090823_033
Namiさんの人魚へのお色直しなどもあり、聞くだけではなく見ているのも楽しいステージとなっていたと思います。

RFLのライブの時のように英語でのMC、そして「そうであるように」の英語バージョン「It shall be the way」も披露されました。

初めて見に来た方もいたようで「これは誰が歌ってるの?」と聞いてらっしゃる方もいましたね。

また、最後に「Happy birthday to you」でBare Rose4周年おめでとう!とみんなで合唱(チャットですけど(笑))してお祝いしました。

色々写真を撮っていてとても載せきれないので、MySpaceにアップしてみました。

 

さて、今回のライブの告知についてです。
私は普段からBaraRoseのブログも見ていますし、グループにも入っているのでNoticeなどでライブ情報を入手していましたが、普段から告知のあるMusic Noteブログには情報が載せられていませんでした。

直前になってルミノスコープ公式サイトに情報が載ったり、Music NoteのGroup Noticeが流れて知った人もいるかもしれません。

これには、BareRose4周年の記念イベントとして、BareRoseのお客さんでルミノスコープを知らない人に聞いて欲しいという意図があったようです。
今回の場合は、それでいいのかな、と思っています。

このバランスというのは正直とても難しいところだと思います。
いつも来てくれるお客さんというのも大事なのはもちろんなのですが、Second Lifeの性質上ライブを見ることが出来る人数というのは非常に限られています。

中には常連さんだけでSIMがフルになってしまって、お客さんが入れないような状況になるライブなどもあるでしょう。ただ、この状況ってあまり好ましいことではないと思うのです。

今まで参加したことのない人(Second Lifeを始める時期が異なったり、そのアーティストのことやライブの情報を最近になって知った)が見に来たいと思っても、入れないという状況はもったいないですよね。

この常連さんが楽しめる、盛り上げてくれるという部分と、参加経験の無い(少ない)人に楽しんでもらうというバランス取りを考えるのは大事なことではないでしょうか。

 

また、そう言った参加人数が多くてSIMに負荷がかかるような場合、お客さんに色々制限をしなければいけないこともあるでしょう。

よくあるのは、フェースライトを外して欲しい、AOやスクリプトを使用した装着品、HUDを外してもらうといったものですね。
これも、外して欲しいという意図と一緒に、「なぜ外して欲しいのか」と言うのを毎回きちんと伝えるべきはないでしょうか。

みんながみんなSecond Lifeの負荷軽減の方法を知っているわけではありませんし、負荷軽減をしなければいけない理由を考えたことのない人だってたくさんいるはずです。
「知ってて当然」と言う態度ではなく、毎回の繰り返しになってしまってでも伝えるべきだと思います。

 

あ、あと余談ですが、私はアバターレンダリングコストでどうこう言ったりするのは嫌いだったりします。
以前Wassrでそんなことが話題になったときに出たこの言葉は、名言だと思っているぐらいです(笑)。

アバターレンダリングコストを気にして、重くなるのはSIMでは無く、その場の空気である

スポンサーサイト

テーマ : セカンドライフ - ジャンル : オンラインゲーム

タグ : セカンドライフ Second Life SecondLife

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

FC2カウンター
プロフィール

Kagami Kohime Kagamin_Super

Author:Kagami Kohime

Second Life内では身長140cmのチビッコ。
最近みんなからは「かがみん」と呼ばれています。

これまで獲得した称号
「イベント王女」「誤爆女王」


Kagami Kohime Original Brand Shop「KagamiN-YA」もよろしくお願いします。

↓お店の位置はこちら
★音の森店

Second Life Marketplaceでのオンラインショッピングはこちらです

管理用リンク

最近の記事+コメント
最近のトラックバック
ブログ内検索
カレンダー(月別)
07 ≪│2017/08│≫ 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
カテゴリー
RSSフィード
QRコード
QRコード
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

お遊び系のブログパーツ
★このFacebookプロフィール貼っておけば、毎回中の人男で・・・とか説明しなくて良いでしょうか・・・?
Katsumi Kenichi

バナーを作成

★ニコ動にアップした動画など


★ブログに妖精が・・・住み着いたようです・・・


★これまで入れたどのブログパーツよりも人気あるな、これ・・・


★XBox360好きなのですよ~。


★Second Lifeを起動していても、まだPCには余力があったりします。その余力をBOINCを使って社会貢献に役立ててみませんか?
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。