スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

サイバー特区について、もう少し公式ページを読んでみた


昨日、このブログでサイバー特区についての記事を書きました。
インワールドでも何人かと話をしてみたのですが、ぶっちゃけ反応はイマイチでした(爆)。

なんでいまいちになっちゃうのかなぁ・・・と思って、もう少し公式ページを読んでみることにしたのでした。
多分、一番の理由は私が過度な期待をしすぎているんだと思います(笑)。

 

プロジェクト概要を読んでみる

 サイバー特区「メタバースにおけるデジタルコンテンツ流通のルール整備事業」では、ライセンスを公募したクリアイターやプロダクションに公開し、二次利用、二次加工や、流通の実験を行いライセンサーに還元モデルの検証や、クリアイターの育成、デジタルコンテンツ流通システムなどの実験検証をしていきます。

メタバースが対象なので、Second Life以外も考えていると思うのですが、どういう仕組みになるのかが全く分からないのが、そもそもの問題点な気がしますね。

 将来的には、日本の独自文化やサブカルチャー(アニメ、漫画など)のライセンス管理しながら、仮想世界(メタバース)の特性を生かし、国際戦略のインフラとして活用し、同時にクリエイター育成を行い、コンテンツ大国としての国際競争力つけていくのが目的である。

国際競争力を付けるために、どうやってクリエイターの権利を守ってくれるのでしょうか。
法的な整備をするのでしょうか。
それは海外に対しても権利を主張できるものなのでしょうか。

 今回の実験が、クリエイティブコモンズや、フェアユースと大きく異なるのは、ライセンスを使えるクリアイターの特定(クリエイティブ特区)と、すべての制作物に関する品質管理体制である。 登録クリエイターは全て著作権及びライセンスの規約に順じ、契約を取り交わすのを前提とする。 ゆえに不特定多数のクリエイターに貸与するのではなく、使用権及び権利を特区という空間内でのみの使用という形になる。

「特区内でのみ使用可能」という仕組みは、どのように実現されるのでしょうか。
例えばSecond Life内で作成した服でも乗り物でも良いですが、特区内でのみ使用という管理はどのようにするのですか?
特区外で使用されているケースを監視できませんよね?

また、音楽や映像を利用するための特区というのは、どこになるのでしょうか?
YouTubeなりニコ動とかで使えると言う話とは別物と考えて良いのでしょうか。

 また、今回の実験において、音楽、映像に関しては、ライブを主体に流通していき、すべてのデータは、ライブ用に再エンコードされるため、もともとのデジタルデータが、流通することはない。

・・・と思ってたら続きがありました(爆)。

「ライブを主体に流通」ってどういう事?
Second Life内の土地で流したりしても良い、ということであってSecond Lifeと関係ないところでの流用は出来ないのかな・・・

 メタバースにおいては100%のトレーサビリティが可能であり、全てのオブジェクトにはユニークなIDで管理されオブジェクトの取得、譲渡及びコピー、は全サーバー側で管理運営される為、それぞれのトランザクションにおいて課金が可能である。 また、サーバー側でユーザーが持っているオブジェクトを全て消去することも可能である。

理論上は可能ですが、メタバース提供側(リンデンラボとか)から情報を提供してもらう、情報削除を行ってもらうと言う事でしょうか。
もしそうであれば、それは可能なことなのでしょうか?

もちろん、音楽や、映像データは、PCにキャプチャーや、データ保存は可能であるが、個人的コレクションはできても、仮想世界内に持ちこめないようにすることで、仮想世界内で、友人や、コミュニティーで共有できないために、データの価値が低くなり、逆に仮想世界内で、それらの音楽や、映像を、共有できることによる価値を生み出すことで、抑止力としていこうとを考えている。

「抑止力としていこうとを考えている」のはいいんですけど、出来るんですか?

 更に、インターネットにおいては、情報及びデータについて全て無料であるという文化に至っているため、課金モデルの導入が大変困難であるが、メタバースにおいては、同じ情報であるにも係わらず、仮想の通貨もしくはポイントで購入もしくは入手するという事が文化として根付いている。

だんだん何を言ってるのか分からなくなってきました・・・
全て無料なんて思ってる人いるの?

 

ライセンスプールを読んでみる

なんか概要で既に疲れて来ちゃったのですが・・・(笑)。

ところで、ここでライセンス管理をしてもらうことになった場合、他の所での使用は出来なくなっちゃうんでしょうかね?

例えば、ここで登録した商品を他の場所で販売、配布などをして良いのかどうか・・・

 

クリエイター特区を読んでみる

日本国の法律や、著作権法などにも順守して、活動したいただくことが、前提になります

サイバー特区内で、日本の法律に照らし合わせた管理だけして実験するって事なのかな・・・

 

セカンドライフ内 C特区募集を読んでみる

(カフェ、バー、クラブ会場、公園等) このエリアでイベントに参加したアバターやチャットなどのデータから、どのように皆さんがコンテンツを楽しむのかを検証し、それをベースに著作権やメタバースのルール整備に活用される予定です。

注) アバターの個人情報は取りません。

アバター数や、チャットログからどういう分析、ルール整備がされるのかよく分かりませんね・・・

 

・ざっと読んでみて

結局のところ、全体的にやりたいこと自体がふわふわしすぎていて、何をしたいのか分からないと言う事になってしまうのだと感じました。

Second Lifeで考えれば、インワールド内での販売流通体型は既にできあがっているわけです。(ついでに言えばXStreetがリンデン管理になっているのでWeb販売体型も出来てはいる)

また、制作したものについてはクリエイターが著作権を既に持っているわけで、それに関してのトラブルがあった場合はリンデン対応となっていた気がします。 <不正コピー品などでリンデンが動いたこともあった気が

あえてこの中にサイバー特区という概念を持ちだして入ってくるのには、どんな意図があるのか。
そして、どんなメリットがあって、将来的にどういったビジョンを描いているのかをもっと具体的にする必要があるのではないでしょうか。

スポンサーサイト

テーマ : セカンドライフ - ジャンル : オンラインゲーム

タグ : セカンドライフ Second Life SecondLife

コメント

No title

とりあえず言えることは「、が多すぎて読みにくい」です。
「読みやすい文章の書き方をまず覚えましょう」としか言えないw

No title

文字だらけの記事なので、誰も読まないかと思ってました(笑)。

ちょっと読んだだけでこれだけ疑問点が出てきているので、熟読したらもっと色々出そうな気がします・・・

No title

まぁ、これから決めていくっていう、いわゆる見切り発車なのもあるのだろうけれど・・・

やりたいこと・理想と、出来ること・実力が、いつもどおり乖離しているなぁと思います。もしこの夢のように「法律や日本人、ひいては国際的な意識変革」を行うなら、それこそ政府レベルで長期間やらなくちゃいけないことだし、SL内でアレコレやってどうにかなる問題でもない。

 そもそも、こういうライセンスうんぬん・権利うんぬんを言い出す人って、「コンテンツホルダーじゃない人」だと、相当な実力がないと絵に描いたもちですわ。
 コンテンツホルダー自身がライセンスフリーなど、自分の状況や利益構造にあわせて宣言するのは非常に効果あるけれど、「みんなに得なルールつくったから、コンテンツ提供よろしく」っていうスタイルは、だいたいコンテンツホルダーからも利用者からも、間隔が乖離しているものですわ・・・。
 結局、自分が泥をかぶる覚悟がないと、ライセンスうんぬんなんてところに参入できない。はたしてこれは、どうですかね。

No title

実際に説明会に行ってみて、気になる点を質問しまくってみるのも良いかもしれないんですけどね。
実際、今疑問として感じているところをやりとりしてたら、時間がいくらあっても足りない気もしますしね・・・

まぁRL都合などもあるので、説明会自体行けそうにないんですけど(笑)。
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

FC2カウンター
プロフィール

Kagami Kohime Kagamin_Super

Author:Kagami Kohime

Second Life内では身長140cmのチビッコ。
最近みんなからは「かがみん」と呼ばれています。

これまで獲得した称号
「イベント王女」「誤爆女王」


Kagami Kohime Original Brand Shop「KagamiN-YA」もよろしくお願いします。

↓お店の位置はこちら
★音の森店

Second Life Marketplaceでのオンラインショッピングはこちらです

管理用リンク

最近の記事+コメント
最近のトラックバック
ブログ内検索
カレンダー(月別)
10 ≪│2017/11│≫ 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
カテゴリー
RSSフィード
QRコード
QRコード
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

お遊び系のブログパーツ
★このFacebookプロフィール貼っておけば、毎回中の人男で・・・とか説明しなくて良いでしょうか・・・?
Katsumi Kenichi

バナーを作成

★ニコ動にアップした動画など


★ブログに妖精が・・・住み着いたようです・・・


★これまで入れたどのブログパーツよりも人気あるな、これ・・・


★XBox360好きなのですよ~。


★Second Lifeを起動していても、まだPCには余力があったりします。その余力をBOINCを使って社会貢献に役立ててみませんか?
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。