スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

BlenderでSculpted Primを作ってみる - 布のような表現


参考:
BlenderでSculpted Primを作ってみる - 準備編
BlenderでSculpted Primを作ってみる - Sculpt Modeで感覚的な編集を
BlenderでSculpted Primを作ってみる - Edit Modeで編集を
BlenderでSculpted Primを作ってみる - Second Lifeにアップ
BlenderでSculpted Primを作ってみる - プリムに貼るテクスチャを作ってみる

またちょこっとBlenderがらみでネタが溜まったのでまとめてみることにしました。
今回はオブジェクト同士のぶつかりを利用して、テーブルクロスやこたつ布団のようなイメージ表現を試してみたいと思います。

なお、過去の記事を読んでインストールなどの下準備や基本操作は出来ている、と言うことで進めていきますのでよろしくお願いします。

また、今回はボタン操作やウィンドウタブ表示切り替えなどが多くなっていますので、操作には十分気をつけましょう。

 

1.視点をわかりやすいところに変えておく
操作をしやすいように、Blenderを起動して始めにあるキューブを消した後に視点を変更しておきましょう。
テンキーの「1」を押すか、画面下の「View>Front」メニューを選択して、正面からの視点にしておきましょう。

今後、視点を動かしたりして分からなくなってしまった場合も、同様の操作で戻すようにすると分かりやすいと思います。

 

2.ぶつけるための台を用意

20100131_001
先に、布をぶつけるための台になる部分を用意します。

画面上のメニューから「ADD>Mesh」メニューと進んでいき、適当な形状を選択します。
ここで使用する形状は、Sculpt Meshメニューを使用しなくてもかまいません。

今回はシリンダーを追加しました。

 

20100131_002
続いて、画面下の「Object」ボタン(左上赤丸)、「Physics buttons」(右上赤丸)、「Collosion」タブに切り替えて「Collision」ボタンを押します。

これで、台となる部分がぶつかるように設定されました。

 

3.布部分のメッシュを追加
今度は布となるメッシュを追加します。
今回はSculpt MeshのPlaneを使用します。

画面上のメニューから「ADD>Mesh>Sculpt Mesh」メニューを選択します。

 

20100131_003
Shapeを「Plane」にして、「Build」ボタンを押します。

 

20100131_004
追加したのに見えないよ?と言う状態になるかもしれません。

始めに台として作ったオブジェクト(ここではシリンダー)と重なってしまっているからです。

現在選択されているのはPlane(のはず)なので、画面内の矢印ボタンを使ってSecond Life内のオブジェクトのように上に移動しましょう。

 

20100131_005
移動してみたところ、Planeの方が小さすぎるようですね。

キーボードの「S」を押すか、画面下の「Object>Transform>Scale」メニューを選択して、適当な大きさに拡大しましょう。

 

20100131_006
こんな感じでしょうか。

 

20100131_002
こちらもぶつかるための設定が必要ですから、画面下の「Object」ボタン(左上赤丸)、「Physics buttons」(右上赤丸)、「Collosion」タブに切り替えて「Collision」ボタンを押します。

 

20100131_007
続いて、布としての設定をするために画面下の「Cloth」ボタンを押します。

 

4.布の変形を開始
それでは二つのオブジェクトをぶつけて変形させてみましょう。

20100131_008
先ほど押した「Cloth」ボタンがある「Cloth」タブ(分かりにくいですね(笑))の隣に、「Collision」タブがあります。
これまでの手順で「Collosion」ボタンを押すために使っていた「Collision」タブ(画面左下)とは違う部分ですから注意してください。

このタブの「Enable selfcollisions」ボタンを押します(下赤丸)。
続いて「Bake」ボタンを押します(上赤丸)。

 

20100131_009
このような感じに、アニメーションでPlaneが下のシリンダーに接触して覆われるようになると思います。

そのまま見ているといつまでも続きますので、適当なところで「ESC」キーを押してアニメーションを止めます。

 

20100131_010
それでは、ちょうど良いフレームに移動していきましょう。

赤丸部分の左右を押してフレーム移動、もしくはカーソルキーの上下左右(左右で1フレーム単位、上下で10フレーム単位移動)を使って、ちょうど見た目の良いフレーム数を探してみましょう。

 

20100131_011
こんな感じでしょうか。

 

20100131_012
それで配置を固定しましょう。

画面下の「Editing」ボタン(左赤丸)を押した後、画面右下「Modifiers」タブの「Apply」ボタン(右赤丸)を押します。

 

20100131_006
本当はそのまま先に行きたいところなのですが、もしこの画面のように始めの状態に戻ってしまった場合はNGです
その場合、何故か「4.布の変形を開始」の手順をもう一度やってみると上手くいったりします。
(どうも現状バージョンのバグ?)

 

20100131_011
Apply」ボタンを押してもこの画面のままであればOKです。

 

5.スカルプマップ作成
以前の記事「BlenderでSculpted Primを作ってみる - Second Lifeにアップ」と同じ手順で、スカルプマップを作成しましょう。

 

20100131_013
試しにOpenSIMにアップロードしてみました(表面がわかりやすいように光沢を入れてあります)。

まぁ、なかなかの再現度ではないでしょうかね。

 

X.おまけ

20100131_014
今回は布の部分をPlaneで作り、OpenSIMにアップロードしてスカルプテッドプリムに適用するときも「縫い目のタイプ」を「平面」にしています。

そうすると、こうやって裏から見たときに透けてしまうんですよね。

20100131_015
そんなときは、もう一つスカルプテッドプリムを作り、「裏返し」と言うところにチェックを入れてみましょう。
最初に作ったスカルプテッドプリムと逆に、上から見たときに透けて下から見たときにちゃんと見えるようになります。

 

20100131_016
20100131_017
その二つを重ねるとこんな感じで、自然になると思います。
布とするメッシュを別のタイプにするなどの方法があると思いますので、色々試してみると良いでしょうね。

他にも 途中のパラメータを色々いじってみたり、途中で「Set Smooth」ボタンを押してなめらかにしてみたり、台の場所や形状を変えてみたり、複数の台を使ってみるなど、色々な試し方があると思いますので、是非試行錯誤してみてくださいね。

正直blenderってインターフェースが分かりにくくて使いづらいってだけじゃなくて、色々出来てしまうのでどこから手を付ければいいのか分からないと言う問題も・・・(笑)。
スポンサーサイト

テーマ : セカンドライフ - ジャンル : オンラインゲーム

タグ : セカンドライフ Second Life SecondLife

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

FC2カウンター
プロフィール

Kagami Kohime Kagamin_Super

Author:Kagami Kohime

Second Life内では身長140cmのチビッコ。
最近みんなからは「かがみん」と呼ばれています。

これまで獲得した称号
「イベント王女」「誤爆女王」


Kagami Kohime Original Brand Shop「KagamiN-YA」もよろしくお願いします。

↓お店の位置はこちら
★音の森店

Second Life Marketplaceでのオンラインショッピングはこちらです

管理用リンク

最近の記事+コメント
最近のトラックバック
ブログ内検索
カレンダー(月別)
09 ≪│2017/10│≫ 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
カテゴリー
RSSフィード
QRコード
QRコード
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

お遊び系のブログパーツ
★このFacebookプロフィール貼っておけば、毎回中の人男で・・・とか説明しなくて良いでしょうか・・・?
Katsumi Kenichi

バナーを作成

★ニコ動にアップした動画など


★ブログに妖精が・・・住み着いたようです・・・


★これまで入れたどのブログパーツよりも人気あるな、これ・・・


★XBox360好きなのですよ~。


★Second Lifeを起動していても、まだPCには余力があったりします。その余力をBOINCを使って社会貢献に役立ててみませんか?
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。