スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「ソーシャルゲーム Synthe(シンセ)」サービス終了に色々思う


先日記事にしていましたが、このブログでSecond Life以外で唯一書いていると言っても良い「ソーシャルゲーム Synthe(シンセ)」が2/26 24時をもってサービスを終了しました。

22時から記念撮影があったらしいのですが、そこには間に合わなかったので最後のカウントダウン(?)の現場に行ってみることにしました。

synthe_2010_02_26_23_04_17_00
synthe_2010_02_26_23_45_25_00
結局ほとんどこの広場とショップメインだったなぁ・・・

 

synthe_2010_02_26_23_07_08_00
サービス期間中、ず~っと謝っていた男の子ですが、ついに女性と和解できたようです(笑)。

 

synthe_2010_02_26_23_09_21_00
ショップにて商品を見てみたり。

最終的にかなりの数の作品がアップロード、公開されたみたいですね。
正直キャラ作成の敷居が低くないので、どうなるかと思ったのですがすごいなぁ・・・

 

synthe_2010_02_26_23_17_30_00
実は結構広いワールドマップ。

これだけ広ければ何か使いようがあったのではないか、という気もするのです。

 

synthe_2010_02_26_23_13_40_00
synthe_2010_02_26_23_28_30_00
synthe_2010_02_26_23_28_52_00
synthe_2010_02_26_23_49_48_00
synthe_2010_02_26_23_50_31_00
synthe_2010_02_26_23_52_23_00
synthe_2010_02_26_23_56_29_00
記念撮影をしていたところに結構たくさん人が集まっていたので、私もそこに行っておしゃべりに参加したりしていました。

本当にそれぞれ個性的なアバターで見ているだけでも楽しかったです。

これらのアバターのデータをロードして、これだけの数を表示していても全く重くならないのは良かったですね。

 

synthe_2010_02_26_23_57_13_00synthe_2010_02_27_00_03_43_00
最後はしんみり・・・というよりはみんなで賑やかに「さよなら~!」って感じで終わりましたね。

そして「サーバーとの接続が解除されました」ウインドウの「OK」ボタンを押した瞬間、Syntheのウィンドウが閉じて終了となりました。

そんなわけで終了したSyntheについて、思ったことを書いてみることにしました。
別に偉そうなことを書く気もないし、タイトルで釣るだけの「○○となった七つの理由」とかを書く気もありませんけどね。
なにしろ、中の都合も何も分かってない人が書くわけですから、適当に流しておくと良いでしょう(笑)。

 

発表された時はとても期待していました。
アバターが自作でき、しかもそれがかなり可愛い感じだったのです。

実際に限定公開時には1日、2日の公開期間だったにもかかわらず、多くのアバターパーツが公開されて個性が出せるようになっていました。

ただアバターを着替えて、興味のある格好の人や、知っている人がいたら話したりするぐらいの楽しみしかできなかったのが残念です。
(ユーザ主催で、この制限の中で何か楽しめないかとイベントも行われたようです)

スクリプトでゲームが遊べるといった要素もあったのですが、完全に独立したウィンドウで関連性が薄かったのも残念でしたね。

おそらくユーザ側、そして運営側も機能強化したいところがあったのに、技術的な面、費用的な面から出来ない部分があったと思います。

 

ユーザ層を広げるには二つの方向からのアプローチがあるかもしれませんね。
それは「ライトユーザ向けへの拡張」と「ヘビーユーザ向けへの拡張」です。
どっち方向へを重視するかを考えるべきかは、難しいところですけどね。 <両方狙うとコケそうな気もしますが(笑)

 

「ライトユーザ向けへの拡張」
いくらオンラインゲームなどが流行っているとは言え、世の中のネット環境を楽しむ人はメールやチャット、検索してWebページの情報を見るといったところが圧倒的に多いと思います。

こういった人たちに向けてアピールしてユーザを増やしたいとすれば、外部との連携を強くするのが良かったのかもしれません。

例えば簡単にブログやマイクロブログ、SNSなどに文字やスクリーンショットを投稿できるとか。
(確か3D関連のSNSと連携するようなサービスをしていたかと思いますが、どの程度普及していたんでしょうね・・・)

もしくは逆にアプリ内にWebブラウザを入れて、Webページを見たり動画を見たりと言うのを一緒に楽しめるようにするとか。

多分アメーバピグ的なところを目指そうとしたのもあるんじゃないのかなぁ?と思ったりもしますけどね。
(でも、アメーバピグは環境が特殊かもしれません。サイバーエージェントのサービスからユーザを囲い込んでいる部分がありますし、有名人アカウントに会えるかもよ?みたいな部分もあります。)

 

「ヘビーユーザ向けへの拡張」
こっちはもうSyntheの世界内で出来る機能を増やしていくしかなかったと思います。

たとえばモーション(アニメーション)も作成できるとか、ユーザ単位で部屋のようなものを設置して個性を出せるようにするとか。

アニメーションを使えるようにすると、動画投稿サイトで「○○をSyntheで踊ってみた」的な動画が作れるので、アバターの可愛らしさや奇抜さがアピールできたんじゃないかな?と思います。

部屋を設置することで、他のユーザがログインしていないときにも遊びに行ってみたり、あちこち適当に遊びに行ってみたりと言うことで、遊びの幅が広がらないかなぁ・・・

更に言っていけば、音声を流せるようにするとか動画中継を出来るようにするとか切りがありませんけどね。

 

残念ながらSyntheは終了してしまいましたが、今後も新しい遊びの場が出来てくると良いなぁ、と思います。
もちろん、現在ある遊びの場が末永く楽しめることも大事ですけどね。

スポンサーサイト

タグ : Synthe シンセ

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

FC2カウンター
プロフィール

Kagami Kohime Kagamin_Super

Author:Kagami Kohime

Second Life内では身長140cmのチビッコ。
最近みんなからは「かがみん」と呼ばれています。

これまで獲得した称号
「イベント王女」「誤爆女王」


Kagami Kohime Original Brand Shop「KagamiN-YA」もよろしくお願いします。

↓お店の位置はこちら
★音の森店

Second Life Marketplaceでのオンラインショッピングはこちらです

管理用リンク

最近の記事+コメント
最近のトラックバック
ブログ内検索
カレンダー(月別)
09 ≪│2017/10│≫ 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
カテゴリー
RSSフィード
QRコード
QRコード
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

お遊び系のブログパーツ
★このFacebookプロフィール貼っておけば、毎回中の人男で・・・とか説明しなくて良いでしょうか・・・?
Katsumi Kenichi

バナーを作成

★ニコ動にアップした動画など


★ブログに妖精が・・・住み着いたようです・・・


★これまで入れたどのブログパーツよりも人気あるな、これ・・・


★XBox360好きなのですよ~。


★Second Lifeを起動していても、まだPCには余力があったりします。その余力をBOINCを使って社会貢献に役立ててみませんか?
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。