スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

USTREAMでSecond Lifeの映像を配信する方法を色々試す


昨日、画面キャプチャをしてビデオデバイスとして認識させるツールを色々試したのですが、今ひとつそれで何をすればいいのか分かりにくくなってしまいました。

そこで一応知識として知っておくか、という感じでUSTREAMでSecond Lifeの映像を配信する方法を確認してみることにしました。

映像配信と言えばニコ生、Stickam、USTREAMなど色々あります。
どれもそれほど変わらないものだとは思うのですが、ニコ生はプレミアム会員で配信枠を確保できないと使えません。
Stickamは、Webブラウザベースで簡単に配信できるのがポイントですが、外部ツールなどについて情報がありませんでした。

そこで、今回はUSTREAMを見ていこうと思います。なんかごくごく一部で大流行してる見たいですしね(笑)。

20100530_001
こんな感じでSecond Lifeの模様を配信しつつ、Viewer2のメディア共有を使って映像を見る、なんて使い方も出来ました。

今回は、Second Life Viewerの解像度を640*480にしました。
また、音声は試していません。
更に、あくまでもうちの環境ではこうだったと言う話ですので、各自で試してみるともっといい方法があるかもしれません。

CPU:Core2Duo 2.4GHz
メモリ:2GB
グラフィックボード:RadeOn X1900
通信環境:フレッツ光

 

★とりあえず前準備
USTREAMの配信を始めるにあたって、事前に準備をしましょう。

USTREAMに登録:
トップページからサクッと登録しておきましょう。
あわせて、設定を一通り確認しておくことをお勧めします。
USTREAMではtwitterやFacebook、MySpaceと情報を連携させることが出来るのですが、何でもかんでも連携させてしまうと色々な情報が垂れ流しになってしまいます。
twitterのタイムラインがUSTREAMのURLで流されたりしているのを私も経験しているので、その辺りの設定は確認しておいた方がいいかも。

ビデオキャプチャデバイス:
普通の配信ならWebカメラを使いますが、Second Lifeの動画を配信するなら画面キャプチャデバイスが必要です。今回は昨日の記事であげたSCFH DSFを使っていきます。

マイク:
音声も併せて配信する場合は必要です。音楽も配信するとなるとミキサーとかそう言うのもいるのかも。

暇があったら手順の基礎知識を確認しておく:

一時間近い動画なので見るのが結構大変かもしれませんが、これを見ておけばこのブログ記事を見る必要はないかもしれません(笑)。

 

★試しに基本的な配信をやってみる
とりあえずWebブラウザから行う基本的な配信を試してみましょう。

20100530_002
USTREAMにログインしたら、右上の「ライブを開始」という緑色のボタンを押します。

 

20100530_003
別ウィンドウが開き、カメラとマイクへのアクセス設定を聞かれますので、許可します。

 

ここで、ビデオデバイスであるSCFH DSFの設定を済ませます。
・・・と言っても、起動して取り込むウィンドウを設定しておくぐらいでいいでしょう。

 

image
あとはビデオソース、オーディーソースを選択、必要に応じて音量や詳細設定を行って「配信の開始」ボタンを押せば配信が出来ます。

隣の「録画の開始」を押すと、動画を録画できて公開できます。
まぁ、単純にSecond Life動画を撮りたいのであれば、PC上で録画してYouTubeにでもアップロードした方がいいと思いますが・・・

試してみた感じでは、基本的な方法と言うことで簡単にできるのですが、画質などの面でちょっとつらい物があるかもしれませんね。

 

★USTREAM PRODUCER(Screencast)を使う
参考:SLをUstreamで配信φ(`д´)メモメモ...

20100530_004
USTREAM PRODUCERは、USTREAMで提供されているより高度な使い方を可能にしたソフトです。
ダウンロードはこちらから。

無料版と、より高機能なPRO版がありますがもちろん無料版を使いました。

画面中段の「Screencast」と言うボタンを押すことで、画面キャプチャできます。
(Screencastを使う場合はビデオデバイスの起動・設定は不要です)

 

20100530_005
使って見ていて気づいたのですが、「Screencast」ボタンを押した際に表示されるこのウィンドウは閉じないような・・・?
閉じてしまうと画面が静止してしまいました。

プレビューウィンドウで問題ないことを確認したら、画面下の「Broadcast」ボタンを押すと配信開始です。

 

★USTREAM PRODUCER(Live Input)を使う
先ほどはUSTREAM PRODUCERのScreencast機能を使いましたが、「Live Input」ボタンからSCFH DSFを選択して取り込む事も可能です。

ただ、正直にScreencastを使った方が画質がいいと思います。

 

★Adobe Flash Media Live Encoderを使う
参考:
Ustreamでデスクトップ画面を動画配信する。
ustreamをFME使用で高画質で生放送を欲張ってHDで

20100530_006
最後にAdobe Flash Media Live Encoderを使う場合ですが、どうもこれが画質的には一番いい感じになるようです。
その分、ちょこっとだけ手順が面倒です。

 

まずAdobe Flash Media Live Encoderをダウンロードします。
ページ中程に「Adobe Flash Media Live Encoderの無償ダウンロード」と言うのがあるので、Ver.3を選択します(ダウンロードするのにAdobe IDと言うのを取得する必要があるみたいです。ユーザー登録みたいなものですね)。

ダウンロードしたらサクッとインストールしておきましょう。

 

20100530_007
続いて、Adobe Flash Media Live EncoderをUSTREAMで使えるようにする設定ファイルをダウンロードします。

USTREAMのページでログオンしたら、「番組設定」>「詳細設定」と進みます。
下の方にスクロールしていくと「Flash Media Encoder XML ファイル」という場所があり、ダウンロードボタンがあるので、それを押してXMLファイルをダウンロードします。

 

そこまで出来たら、Adobe Flash Media Live Encoderを起動します。
起動したら画面上の「File」>「Open Profile」メニューを選択し、先ほどダウンロードした「Flash Media Encoder XML ファイル」を読み込みます。

 

ここで、ビデオデバイスとなるSCFH DSFを起動して配信するウィンドウの設定まで行ってしまいましょう。

 

20100530_008
続いて、Adobe Flash Media Live Encoder側の設定を変更します。

一応設定を変更したのは以下の通りです。

・「Device」を「SCFH DSF」に変更する。隣のスパナの絵のボタンを押して、解像度とフレームレートを変更
・「Frame Rate」を変更
・「Input Size」を変更
・「Bit Rate」を変更。大きいに越したことはないと思いますが、環境に合わせて適当に
・「Output Size」を変更。

と言った所です。
重要なのは、解像度とフレームレートの設定で、何ヶ所かあるこの設定を合わせておくことが、画質向上に繋がるようです。

 

ここまで出来たら、画面下の「Start」ボタンを押します。

 

最後にWebブラウザでUSTREAMのページから配信を行います。
20100530_002
USTREAMにログインしたら、右上の「ライブを開始」という緑色のボタンを押します。

 

image
配信の開始」ボタンを押せば配信が出来ます。
特にこのウィンドウでは何も設定していませんが、Adobe Flash Media Live Encoderを使用した動画になっています。

 

何通りかの方法を試してみましたが、それなりの画質だけど簡単にできる方法も、高画質だけどちょっと面倒な方法も用意されており、配信するスタイルによって自由に出来るのが便利なのかもしれません。

ただ、やってみて思ったのは手軽に出来るのはいいんだけど、それをみんな見てくれるのかなぁ?と言う点だったりします。

ブログなどは書きっぱなしで放置しておいても、その内誰かが見るかもしれません。
一方、配信による生放送は放送時間中に見に来てくれる人が少ないと、自動録画されて後で見てもらえるわけでもないので非常に寂しいものがある気がします。

かと言ってあっちこっちで放送してるから見てね!と言って回るのもねぇ・・・と思ったり。
なかなか難しいものです。


あんまり意味がないかもしれませんが、画質比較用に色々なパターンで撮った物を録画しておきました。

スポンサーサイト

テーマ : セカンドライフ - ジャンル : オンラインゲーム

タグ : セカンドライフ Second Life SecondLife USTREAM

コメント

No title

個人用メモメモ。
「ニコ生デスクトップキャプチャ」も画面キャプチャしてビデオデバイスとして認識できました。

「ニコ生デスクトップキャプチャ」>Adobe Flash Media Live Encoderで配信することも可能でした。

楽しいかも

良い情報に感謝!俺もやってみようと思います。
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

FC2カウンター
プロフィール

Kagami Kohime Kagamin_Super

Author:Kagami Kohime

Second Life内では身長140cmのチビッコ。
最近みんなからは「かがみん」と呼ばれています。

これまで獲得した称号
「イベント王女」「誤爆女王」


Kagami Kohime Original Brand Shop「KagamiN-YA」もよろしくお願いします。

↓お店の位置はこちら
★音の森店

Second Life Marketplaceでのオンラインショッピングはこちらです

管理用リンク

最近の記事+コメント
最近のトラックバック
ブログ内検索
カレンダー(月別)
09 ≪│2017/10│≫ 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
カテゴリー
RSSフィード
QRコード
QRコード
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

お遊び系のブログパーツ
★このFacebookプロフィール貼っておけば、毎回中の人男で・・・とか説明しなくて良いでしょうか・・・?
Katsumi Kenichi

バナーを作成

★ニコ動にアップした動画など


★ブログに妖精が・・・住み着いたようです・・・


★これまで入れたどのブログパーツよりも人気あるな、これ・・・


★XBox360好きなのですよ~。


★Second Lifeを起動していても、まだPCには余力があったりします。その余力をBOINCを使って社会貢献に役立ててみませんか?
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。