スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

撮影したパノラマ写真を360度パノラマやスフィアマップに変換してインワールドで使ってみる


参考:
パノラマ画像の変換
HDR Shop

 

先日の記事でインワールドのパノラマ写真を撮影しましたが、今回はその写真をHDR Shopと言うツールを使って変換してみようと思います。
変換したものは、シリンダーやスフィアに貼り付けて使用します。

 

1.下準備としてパノラマ写真を撮影
先日の記事を参考に、東西南北と上下のSSを撮影します。

気をつける点としては、

・視野角を90度に調節する
・画面解像度を正方形に調節する
・WindLight設定で雲が動かないようにロックする(SSを繋いだときに綺麗に繋がります)

撮影したSSはこんな感じになりました。

 
X2
X-(西)

 

X
X+(東)

 

Y2
Y-(南)

 

Y
Y+(北)

 

Z2
Z-(下、上がX-(西))

 

Z
Z+(上、上がX-(西))

 

※各方向と方角については、今回撮影したらこうだったという参考です
※撮影用椅子のプリムの向き、種類などによって向きが異なる場合があるので、各自で把握しておきましょう

 

 

2.キューブマップ(垂直十字型)を作成する
HDR Shopにデータを渡すために、キューブマップ(垂直十字型)というのを作ります。

1_cross
テクスチャを貼り付けたキューブの展開図を作るイメージなんですが、結構作るのがめんどくさいです(爆)。

この展開図を作るときのコツですが、上のような展開図をテクスチャが内側になるように組み立てた時に、矛盾がないような向きにテクスチャを配置することです。

先ほどのSSを結合していけば良いのですが、使用するツールは何でも良いと思います。
GIMPでも良いと思いますが、私はIrfanViewと言う画像ビューアを使いました。
念のため、IrfanViewでの手順をまとめておきます。

事前準備として、SSと同じ大きさの真っ黒な画像を用意します。
一度に完成系には持って行けないので横一行ずつ結合し、最後に縦に結合します。

IrfanViewの「Image」>「Create Panorama image」メニューを選択します。


20101116_101
このようなウインドウが表示されるので、向きの選択肢が「Horizontal」になっているかを確認し、「Add Image」ボタンを押してイメージを選択します。

 

20101116_102
イメージを追加(同じファイルも複数回「Add Image」ボタンで追加できます)したら、「Move imges up」「Move images down」ボタンで結合する順番を変更します。

最後に「Create image」ボタンを押すとイメージが結合されます。
確認して問題なければ画像を保存しましょう。

同じ手順で横の行単位で結合が出来たら、今度は縦に結合して完成させます。
やり方は向きを「Horizontal」から「Vertical」にするだけで、後は同じやり方です。

 

一応2パターンのキューブマップを作成してみました。
上にも書いたように、組み立てたときに矛盾がない向きになることを意識してやってみると・・・

パターン1(X+(東)方向を中心に)
1_cross

黒い画像

Z+(上)

黒い画像

Y+(北)

X+(東)

Y-(南)

黒い画像

Z-(下)

黒い画像

黒い画像

X-(西)
※180度回転

黒い画像

 

パターン2(Z+(上)方向を中心に)
2_cross

黒い画像

X-(西)
※180度回転

黒い画像

Y+(北)
※270度回転

Z+(上)

Y-(南)
※90度回転

黒い画像

X+(東)

黒い画像

黒い画像

Z-(下)

黒い画像

 

いくつかパターンを作ったのは、HDR Shopで変換するときの基準となる部分が変わってくるためです。

 

 

3.HDR Shopをインストール
HDR Shop 1.0を今回使用しました。

※HDR Shop 1.0は、学術研究目的のみフリーでそれ以外は HDR Shop 2.0 のライセンスが必要なようです。

 

4.HDR Shopで変換を行う
それではHDR Shopを起動してみます。

起動したら「File」>「Open」メニューで先ほど作成したキューブマップ(垂直十字型)を読み込みます。
ファイルを読み込むと画質を設定するウィンドウが表示されますが、そのまま「OK」ボタンを押します。

 

続いて、「Image」>「Panorama」>「Panoramic Transformation」メニューを選択します。

20101116_103
このようなウィンドウが表示されるので、左側に読み込んだイメージが表示されているかを確認して、Formatを「Cubic Environment(Vertical Cross)」に変更します。

続いて、右側のFormatを変更します。
いくつかありますが、使いやすいのはこの二つだと思います。

 

1_latitude
Latitude/Longitude
パターン1のキューブマップはこちらでしょうか。360度パノラマになっています。
シリンダーの内面に貼って使えると思います。

 

2_mirror ball closeup
Mirrored Ball Closeup
パターン2のキューブマップはこちらでしょうか。上方向180度のスフィアマップになっています。
半休の内面に貼って使えると思います。

変換が終わったら画像を保存します。

 

20101116_104
OpenSimにアップロードして貼り付けてみました。

一番左は東西南北のSSを単純に結合したもの、その右隣が今回360度パノラマに変換したものです。
右側二つはスフィアマップに変換したものを貼り付けてみました。
スカイドームっぽくなっているでしょうか?

変換の元になるキューブマップの作り方、HDR Shopでどのような変換をするのか、インワールドのプリムにテクスチャを貼ったときにどうなるか(球の端になってくるとテクスチャが絞られてきてしまうので、角度によってはおかしくなってしまうかも)等々、試行錯誤を繰り返してみると思いがけず良いものが出来るかもしれません。

作業手順は面倒かもしれませんが、色々遊んでみてください。

個人用メモリンク(ぇ

環境/屈折マッピング
DirectX テクスチャー エディター (Dxtex.exe)
XSIを使ってCubeMapを作成する

3DグラフィックスにおけるHDRイメージ作成について

RenderMonkey
シェーダをもっと簡単に制作したい!「RenderMonkey」

FX Composer 2.5再入門

スポンサーサイト

テーマ : セカンドライフ - ジャンル : オンラインゲーム

タグ : セカンドライフ Second Life SecondLife

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

FC2カウンター
プロフィール

Kagami Kohime Kagamin_Super

Author:Kagami Kohime

Second Life内では身長140cmのチビッコ。
最近みんなからは「かがみん」と呼ばれています。

これまで獲得した称号
「イベント王女」「誤爆女王」


Kagami Kohime Original Brand Shop「KagamiN-YA」もよろしくお願いします。

↓お店の位置はこちら
★音の森店

Second Life Marketplaceでのオンラインショッピングはこちらです

管理用リンク

最近の記事+コメント
最近のトラックバック
ブログ内検索
カレンダー(月別)
05 ≪│2017/06│≫ 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
カテゴリー
RSSフィード
QRコード
QRコード
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

お遊び系のブログパーツ
★このFacebookプロフィール貼っておけば、毎回中の人男で・・・とか説明しなくて良いでしょうか・・・?
Katsumi Kenichi

バナーを作成

★ニコ動にアップした動画など


★ブログに妖精が・・・住み着いたようです・・・


★これまで入れたどのブログパーツよりも人気あるな、これ・・・


★XBox360好きなのですよ~。


★Second Lifeを起動していても、まだPCには余力があったりします。その余力をBOINCを使って社会貢献に役立ててみませんか?
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。