スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

松嶋x町山の未公開映画を観るTV「Life 2.0」の2週目も見てみた


参考:
Second Lifeを題材にしたドキュメンタリー映画「Life 2.0」、TOKYO MXTV「松嶋x町山の未公開映画を観るTV」にて2週連続紹介!(THE SECOND TIMES)http://www.secondtimes.net/news/japan/20101125_life20.html

セカンドライフで作られた映画「Life 2.0」、サンダンス映画祭に正式出品(THE SECOND TIMES)
http://www.secondtimes.net/news/world/20091204_life20.html

 

先週の記事の続きです。

まぁ、内容的なことまで書いていくときりがないのでやめておきますが、結局全体を通して思ったことは

Second Life(仮想空間)にいるのはReal Life(現実世界)の自分である。
そして他のアバターの向こう側にも現実世界の人間がいる。

と言う、ごく当たり前の事でした。

そのごく当たり前の、仮想空間にいる人なら当然分かっているはずの事を忘れてしまった、それどころか認識すらしていなかったために起こった出来事をまとめたのが「Life 2.0」だと思います。

 

Second Lifeでの生活に慣れてきて、その辺りの感覚が麻痺してしまっているのかもしれません。

私もSecond Lifeで知り合った人と実際に会ったことがありますが、アバター名と実際の顔ぐらいしか一致していない人ばっかりだと言うことに気づきました(爆)。

本名を知ってる人は数人しかいませんし、その人が普段どんな生活をしているのか、どんな人なのかなんて全く知らないような気がします。
(まぁ、人見知りが激しい自分の例では参考にならないかもしれませんけどね)

 

こう言ったことは仮想空間だからと言うわけではなく「何かにのめり込んで周りが見えなくなってしまう」と言う出来事の一つなんだと思います。

そんな会っても不思議じゃない出来事の一つ、として「Life 2.0」を見ていました。

 

自分がSecond Lifeやめる時って、どんな感じかなぁ・・・

インワールドで何か言ったりしないでいきなりやめて、ブログとかtwitter、Wassr辺りで「やめました」とかあっさり言うかもしれないな。

それすら言わないで、急にいなくなる可能性も否定できませんけど(笑)。

スポンサーサイト

テーマ : Seond Life(セカンドライフ) - ジャンル : オンラインゲーム

タグ : セカンドライフ Second Life SecondLife

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

FC2カウンター
プロフィール

Kagami Kohime Kagamin_Super

Author:Kagami Kohime

Second Life内では身長140cmのチビッコ。
最近みんなからは「かがみん」と呼ばれています。

これまで獲得した称号
「イベント王女」「誤爆女王」


Kagami Kohime Original Brand Shop「KagamiN-YA」もよろしくお願いします。

↓お店の位置はこちら
★音の森店

Second Life Marketplaceでのオンラインショッピングはこちらです

管理用リンク

最近の記事+コメント
最近のトラックバック
ブログ内検索
カレンダー(月別)
05 ≪│2017/06│≫ 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
カテゴリー
RSSフィード
QRコード
QRコード
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

お遊び系のブログパーツ
★このFacebookプロフィール貼っておけば、毎回中の人男で・・・とか説明しなくて良いでしょうか・・・?
Katsumi Kenichi

バナーを作成

★ニコ動にアップした動画など


★ブログに妖精が・・・住み着いたようです・・・


★これまで入れたどのブログパーツよりも人気あるな、これ・・・


★XBox360好きなのですよ~。


★Second Lifeを起動していても、まだPCには余力があったりします。その余力をBOINCを使って社会貢献に役立ててみませんか?
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。