スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【7Seas】OpenFishで自分オリジナルの魚やペットを作ろう!(長文)


今回は7SeasのOpenSeas Kitに含まれているOpenFishを使用して、自分オリジナルの魚やペットを作る方法をまとめてみました。

とは言っても、いつものようにノートカードをまとめてるだけなんですけど・・・

まず、OpenSeas Kitの入手方法ですが、公式ページのフォーラムによると

このOpenSeas Kitは現在、Fishing Area Kitsと最近のGroup Noticeで利用可能です。
しかしこれはフリーソフトウェアです、、私たちには、永久的な無償配給方法を用意するつもりです。
また、あなたは釣り場を所有している友人にコピーをねだることができます。 それは完全に法的に問題ないです。

と言う事みたいです。Excite翻訳&私の超意訳で申し訳ないですが。

さて、入手できたら作ってみましょう!
まずはノートカードをまとめた物を引用します。

OpenFish Development Kit v2.0

Table of Contents:
-- Features and Introduction
-- Creative Commons License
-- One More Condition... Tech Support
-- Building Tips
-- Configuring the Script

Features and Introduction
================
OpenFishはあなたが公式の7Seas Fishing Gameペットと同じ基本インターフェースを使用することで、あなた自身のペットの魚や他の回転するペットを開発するのを助けるキットです。
これらのスクリプトは様々な泳ぐスピード、気泡エミッタ、およびあだ名システムのサポートを提供します。

このシステムに関するアドバイスを他の創造者と共有したいですか?
http://7seasfishing.com/forum/のOpenSeas Creationsフォーラムを訪れるか、7Seas Social Chatグループでチャットしてください。

バージョン2.0では適切に設定されたテクスチャがあれば、公式の7Seas aquariumsに魚を送る事が出来ます。
この特徴の詳しい情報に関してはBuilding Tipsを見てください。

ヒレのアニメーションは含まれていません。

Creative Commons Attribution 3.0 United States License
====================================
これらのスクリプトはCreative Commons Attribution 3.0 United States agreementの元で配布されます。
それは、このキットを使用することで作成する着用可能なペットを再配付するか、またはあなたが販売できることを意味します。
ヘッダーとCreative Commons licenseが完全にコードの商業再利用を含みます。

しかしながら、CC Agreementの属性の一部として、このスクリプトを使用するために、魚について以下の説明しなければなりません:

--公式の7Seas製品として着用可能なペットを表さないでください。私たちのコードかコードの派生物を使用していますが、それらは私たちによって作成されたものではありません。

-- 同じ理由から、あなたのオブジェクト名に(7S)で始まるテキストであなたのペットを命名してはいけません。

-- 基本のオブジェクトとして、私たちが提供するexample fishを使用しないでください。それで、クリエータとしてSeven Shikamiが記載されるでしょう。 代わりに、自分で作成したプリムであれば、クリエータがあなたの名前となります。

-- あなたの装着可能なオブジェクトは「Created using the 7Seas OpenFish System. Not an official 7Seas Fishing product; contact the creator of this object for support.(7Seas OpenFishシステムを使用することで作成されました。公式の7Seas Fishing製品でありません。サポートのためにこのオブジェクトのクリエイターに連絡してください。)」という属性を持ちます。
(あなたがスクリプトでポップアップメニューを変えないと、自動的にこのようになります)

また、私たちの既存の公式の魚のデザインが版権を取っているので、それらのコピーを作成しないでください。 もちろん、魚種の肖像もです。まさしくシュノーケリングをしているLOLcatやトビウオのようにどんな認識可能に派生している特徴もコピーしないでください。 ありがとうございます。

One More Condition... Tech Support
=======================
残念ながら、OpenFishベースを使用したこのキットでの指示以外に、私たちは作成やコーディングの技術サポートを提供しません。

-- 作成とスクリプティングは複雑なので、次のセクションのBuilding Tipsとコードにおける注釈を除いて、あなた自身で魚を作成して、セットアップしてもらなければなりません。

-- あなたを助けるために作成者やコーディングする人を募集できますが、7Seasチームに依頼しないでください。 私たちは忙しいですし、それはえこひいきとなってしまうでしょう。

-- あなたがあなたの釣り仲間と魚の作成について議論して、7Seas Social Chatグループに加わって、 http://7seasfishing.com/forum/ でOpenSeas Creationsディスカッション・フォーラムに参加してください。

-- より多くの作成、スクリプトのTips、およびチュートリアルに関しては、 http://wiki.secondlife.com/wiki/Creation_Portal を見てください。またはウェブサーチエンジンを試してください。

Building Tips
========
あなたが作るほとんどの魚や回転する着用可能なペットもこのシステムで動作します。 あなたはただ、3つの特定のプリムがlinksetで必要となります…

プリム 1.
Root Prim。(そのRoot Primはあなたが作成した小さい立方体であるべきです)。 (私たちの「OpenFish Example」オブジェクトを絶対に使わないでください--最初から魚を作成してください。さもないと、あなたは問題に行きあたるでしょう。)

純粋に透明なテクスチャを使用してください(キットを含んでいる場合、ClearPixelテクスチャを使用できます)。 立方体はまっすぐ垂直で、そして、角度<0,0,0>で並べるべきです。 魚自体から離してRoot Primを置いてください -- Root Primの周りで回転するでしょう。 魚が遠いほど、アバターから遠くで回転します。

Root PrimにOpenFish Main Scriptを置いてください。 いくつかの既定の設定がされていますが、あなたはスクリプトの先頭で変数を編集したくなるでしょう。 (スクリプトの残りの部分を触れない状態でおくことができます。) どうスクリプトの動作が変わるのかに関しては、以下の「Configuring the Script」を見てください。

プリム 2.
Bubbler Prim。(そのBubbler Primは、魚の口の上、わずか前方に通常置かれます)。 とても小さくClearPixelテクスチャのプリムを使用します。 そのプリムにOpenFish Bubbler scriptスクリプトを置いてください。 しかしながら、あなたが魚を装着して、気泡が動作するまで、それは動作しません。

プリム 3.
Nickname Prim。(そのNickname Primは魚のボディーからわずかに離れておきます)。 とても小さくClearPixelテクスチャのプリムを使用します。 そのプリムにOpenFish Nicknamer scriptを置いてください。

魚全体をリンクしてください、選択するときは最後にRoot Primの選択を確実にしてください。

最後に、確実に魚のバックアップコピーをしてください -- 何かが支障をきたすと、あなたは働いているオリジナルが欲しくなるでしょう。 再び魚を編集する必要があるなら、それを必ず装着してください、そして、それをクリックしてください、そして次に、Stop Swimmingを選択し、編集のためにそれをRezしてください!

1匹の魚をいったん作成すると、あなたは今後釣りをするために使用できます。

Configuring the Script
=============
ただ基本的な魚であれば、単にプリムにスクリプトをドロップして、作業は終了となります。

あなたがカスタマイズを望んでいるなら、スクリプトで構成できる多くの設定があります。 まず最初に、私たちは他人があなたの魚の設定のクローンを作るのを妨げるために、作業後スクリプトのModifyとCopyのチェックを外すことを強く勧めます。 次に、以下の変数を好きなように設定してください。

ROTATIONSPEED: これはあなたの魚がデフォルトで泳ぐ速度です。 有効な速度は、0.3、0.6、0.0(停止)です。

SPINDIRECTION: あなたの魚に別方向に泳いで欲しいなら、-1としてください。さもなければ、1のままにしてください。

FISHDESCRIPTION: あなたは「これは輝いているかっこいい金魚です!」などのように、ここにあなたの魚の記述を書くことができます。 あなたはCreative Commons attributionをここに置く必要はありません。 スクリプトはあなたの記述の後にデフォルトで加えます。

FISHTEXTURE: この魚を7Seas Aquariumに送るようにしたいなら、あなたは適切にフォーマットのテクスチャのUUIDを必要とします。

1. それはあなたのアバターのインベントリにあり、フルパーミッション(modify/copy/transfer)である。
2. 私たちは256×256より大きくないことを推薦します。
3. 透明部分があるので、四角形の画像の魚以外の部分は透明です。
4. 魚は左向きです。

その後に、インベントリのテクスチャを右クリックしてください、そして「資産UUIDをコピー」を選んでください、そして次に、この結果をFISHTEXTUREに設定してください。

テクスチャの作成方法やカスタマイズなど補助的なヘルプに関しては、 http://7seasfishing.com/forum/ でOpenSeas creations forumを見てください。

それはチュートリアルを見つけて、寄付する良い場所です。 例えば、ここで簡単に2枚の写真からアルファチャンネルを作成する例の1つがあります:http://7seasfishing.com/forum/viewtopic.php?f=6&t=14
(このリンクがもう働いていないか、または詳しい情報を必要とするなら、フォーラムを捜すか、または新しい質問を掲示してください!)

STAT_RARITY: あなたの魚のレアリティを5(superultrarare)への1(common)で設定します。 0のデフォルトから設定を変えない場合、Aquariumに送ることが出来ません。

OTHER GAME STATS。 これらの変数はAquaDashなどの7Seasコンパチブルゲームに使用されます。 ただ最大の値に設定するのがゲームで助けとはならないかもしれないことに注意してください。 いくつかのゲームは、より小さい魚、または醜い魚などを評価します。 私たちは、ゲームの保全のために、あなたが妥当なバラエティーに関する統計を使用することを強く勧めて、あなたの魚がカテゴリにおいて平均となることに執着します。 デフォルトで、あなたがそれらを変えないなら、これらのすべてが2に設定されます。

STAT_SPEED: 1=Slow, 2=Average, 3=Fast.
STAT_SIZE: 1=Small, 2=Average, 3=Large.
STAT_ATTITUDE: 1=Unfriendly, 2=Normal, 3=Outgoing.
STAT_COURAGE: 1=Cowardly/Timid, 2=Normal, 3=Fearless.
STAT_VITALITY: 1=Weak/Fragile, 2=Normal, 3=Tough
STAT_BEAUTY: 1=Ugly/Unusual, 2=Ordinary, 3=Pretty/Dazzling
STAT_SPECIES: 1=Robot/Toy, 2=Fish, 3=Human/Fairy/Merfolk.

以上で全てです! fishmakingを楽しんでください! あなたの新しい魚を促進するために、あなたは http://7seasfishing.com/forum/ のCommunity Announcements forumに通知をすることができます。

-=- The 7Seas Team
http://7seasfishing.com

では、実際に作っていきます。
上で引用した文章と併せてご覧ください。

 

1.作成
好きな形の魚やペットを作成しましょう。

20090103_001

そして、それと別にRoot Prim(上SSの立方体)、Bubbler Prim(上SSの青い球)、Nickname Prim(上SSの赤い球)を配置します。

※プリムの名称を変更する必要はありません。
※また、透明にしたい場合は、透明のテクスチャを貼ります。持っていない人はインベントリのLibrary>Texture>*Default Transparent Textureを使いましょう。

 

2.スクリプトをセット
Root Prim(上SSの立方体)に「(7S) OpenFish: Pet System v2.0」、Bubbler Prim(上SSの青い球)に「(7S) OpenFish: Bubbler」、Nickname Prim(上SSの赤い球)に「(7S) OpenFish: Nicknamer」というスクリプトをセットします。
コンテンツタブにドラッグ&ドロップしましょう。

必要ならば、スクリプト内の変数をセットしましょう。

 

3.プリムをリンクする
全てのプリムを選択します。
この時、最後にRoot Prim(上SSの立方体)を選択することに気をつけてください。

ツール>リンクを選択して、リンクします。

 

4.念のためバックアップ
オブジェクトをTakeして、念のためバックアップとしておきましょう。

 

5.Aquariumに送る作業を行う(任意)
まずは、Aquariumに表示されるテクスチャを作成しなくてはなりません。20090103_002
このような感じで、スナップショットを撮ってGIMPやPhotoshop等のソフトを用いて背景部分を透過します。
また、サイズを256*256以下に拡大縮小し、テクスチャとしてアップロードしましょう。

※各ツールの使用方法については割愛します。

テクスチャをフルパーミッション(modify/copy/transfer可)にします。
テクスチャを右クリックして「資産UUIDをコピー」を選択します。
その結果を、Root Prim内の「(7S) OpenFish: Pet System v2.0」にある「FISHTEXTURE」に設定します。

また、Root Prim内の「(7S) OpenFish: Pet System v2.0」にある「STAT_RARITY」を1~5のいずれかに設定します。

 

6.動作確認
作成したオブジェクトを装着します。
装着場所は、公式の魚と同じ「Left Pec」か「Right Pec」がいいでしょう。

その後、オブジェクトにタッチして正常に動作するか確認しましょう。

20090103_003
Aquariumに入った場合、このようになります。

皆さんも是非、魚やペット作りを楽しんでみてくださいね!

スポンサーサイト

テーマ : セカンドライフ - ジャンル : オンラインゲーム

タグ : セカンドライフ SecondLife Second Life

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

FC2カウンター
プロフィール

Kagami Kohime Kagamin_Super

Author:Kagami Kohime

Second Life内では身長140cmのチビッコ。
最近みんなからは「かがみん」と呼ばれています。

これまで獲得した称号
「イベント王女」「誤爆女王」


Kagami Kohime Original Brand Shop「KagamiN-YA」もよろしくお願いします。

↓お店の位置はこちら
★音の森店

Second Life Marketplaceでのオンラインショッピングはこちらです

管理用リンク

最近の記事+コメント
最近のトラックバック
ブログ内検索
カレンダー(月別)
09 ≪│2017/10│≫ 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
カテゴリー
RSSフィード
QRコード
QRコード
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

お遊び系のブログパーツ
★このFacebookプロフィール貼っておけば、毎回中の人男で・・・とか説明しなくて良いでしょうか・・・?
Katsumi Kenichi

バナーを作成

★ニコ動にアップした動画など


★ブログに妖精が・・・住み着いたようです・・・


★これまで入れたどのブログパーツよりも人気あるな、これ・・・


★XBox360好きなのですよ~。


★Second Lifeを起動していても、まだPCには余力があったりします。その余力をBOINCを使って社会貢献に役立ててみませんか?
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。